news ニュース

生徒インタビュー:Anri

Anriさん

 

 

前回の「生徒の声」インタビューから早3年。

ダンサーとしても、コレオグラファーとしても、大注目のAnriさんに今回は突撃インタビュー!

 

3年前の記事を読んだことがない方は、まずはこちらをチェック!

 

あの記事から3年間、Anriさん自身の中でどのような変化があったりしたのでしょうか?

 

あのインタビューは大学卒業したての頃で、おそらく23歳頃でした。

あの頃は、様々なイベントにナンバーを出したり、自主公演を行ったりする活動を主にやっていましたが

3年経った今は、キッズ育成にも力を入れています。

キッズのレッスンをさせて頂くことが多く、チームをプロデュースしてコンテストに出したり、キッズナンバーを出したりしています。

 

最近では、WORKS KIDSのJAZZクラスで教える機会も多くなってきたのですが

WORKS KIDSは礼儀もしっかりしており、レッスンの受け方も素晴らしく、そしてピュアです!

レッスンの時間がとても楽しく、自分自身にもとてもプラスな時間になっています!

 

今は、自分が先生としてレッスンを行う時間が多いと思いますが、逆にレッスンを受ける時間はどのように確保していますか?

 

基本的に、日曜日以外は毎日どこかのスタジオでレッスンを持っているので、

時間を見つけてレッスンを受けることがなかなか難しいのですが、スケジュールを空けて、受けたいレッスンは受けるようにしています!

自分の踊りの幅を広げたいので、レッスンはこれからも受け続けていきたいです。

 

 

◎DANCE WORKSのレッスンを受けて感じることはありますか?

 

受けているダンサーのレベルが高く、先生のスタイルを追求し続ける意欲的なダンサーが多い気がします

「このジャンルのこの先生を受けたいからレッスンに来る」という目的がはっきりしていて、周りのダンサーからも学べる瞬間が多いです。

自分らしさ、それぞれのニュアンスを持っている素敵なダンサーさんが多いので、色々な種類の空気感を感じ取れる気がします。

 

 

ダンスを続けていく上で自分が挑戦してみたいことを教えてください!

 

まずは近い目標として、今決まっている本番を全力でやりきって成長する!ということです。

そして、2019年はもう一度”学ぶ”期間にしたいと思っています。

以前ニューヨークに行った時に色々なダンスを吸収して、自分の新たな方向性を見つけられたことが忘れられず、

もう一度学ぶ期間を作って頑張っていきたいと思っています。

 

スペシャルワークスコース(DANCE WORKSの毎日2レッスン受け放題コース)にしたいレベルです!!!笑

 

もっと沢山の先生を受けてみたいという目標もあります!

 

自分が「好きな事」を「仕事」にできているというのは本当に幸せなことであるので、

だからこそキッズには自分の伝えられることを全力で伝えて、ダンスを好きになった上でどんどん成長してほしいと思います!

 

“育てる”ことは本当に難しいことだと感じますが、それ以上に生徒さんからの言葉に喜びを感じること、逆に自分が成長できることなど、返ってくるものは大きいと思います。

だから、良いレッスンができるように、これからも自分磨きを忘れず、学ぶことをやめず、自分がまず魅力的なダンサーであることを追求しながら、”教えること”にもたくさん力を注いでいきたいと思います!

 

 

以上がAnriさんのインタビューになっております!

 

3年前から変わらないものも、変わったものもあったようですが、

作品を創ったり、教えをしたり等、ダンスに関わる事を追求するという「軸」はぶれずに突き進んでいることが伝わったインタビューの時間でした!

今後の活躍がとても楽しみです!

FACEBOOKVIEW MORE

TWITTERFOLLOW ME