news ニュース

《LESSON REPORT》黒須洋嗣 / JAZZ

0cb1acb3-7af0-4fd0-b70c-ae3631dcf7c0
 
 
 

クラス中は常に緊張感が漂い、先生からも、受けている生徒からも刺激を受けることができる。

 

プリエやタンジュ、バッドマン、丁寧なストレッチから始まるアップ。

 

振り付けのようにアップが進んでいくクラスであるので、受け始めの最初の方は驚く方も多いのかもしれない。

しかしここのアップの部分は後々のコンビネーションで必要な部分になっており、

元々基礎があるダンサーも、ダンスに大切な部分をアップで再確認し向上できる。

 

まだ基礎の部分が不安なダンサーも、その場ではできなくてもレッスンでやったアップの内容を個人で練習するには最適な内容であると感じた。

 

アップの次はクロスフロアへ。

「クロスフロア」という名前だけを聞くと、回る、飛ぶといったものをイメージする人も多いだろう。

しかし、先生のクラスでは、ステップやターンなどを組み合わせたものが多い。

体の軸の移動の仕方、体の切り替え方も学べるので、コンビネーションに入った時に活かせる瞬間が必ず出てくる。

 

クロスフロアの次はコンビネーションへ。

邦楽のスローや、シアター系、JAZZ DANCEの様々なスタイルを学べる。

流れるように動くJAZZ特有の振付だけではなく、止めて魅せる部分、抜いて強弱をつける部分など色々な要素が入っている振付であるので集中力が必ず必要になってくる。

 

振付を与えてもらってそこからどうやって自分なりの表現をしていけばいいのか」

と普段のレッスンやリハーサルで考えるダンサーは多いに違いない

 

その悩める表現の部分を、現役で舞台に立ち続ける先生から学ぶと同時に、こんな表現もあるのか、あんな表現もあるのか…など、

一緒にレッスンを受けているメンバーからも見て学び、吸収することができる時間である。

 

コンビネーション中の先生の掛け声も、やる気がとても出てくる瞬間!

是非一度黒須先生の世界観へ!

 

(written by staff yuna asano)
 

FACEBOOKVIEW MORE

TWITTERFOLLOW ME