news ニュース

《ダンス上達の秘訣》シリーズ10

「ダンスが上達する秘訣とは?」

 

現在第1線で活動しているダンサーにもここまでくるにはたくさんの努力があった。

誰よりもかっこ良く、オンリーワンのダンサーに…。

今ダンスを頑張っているあなたへ、先生たちから上達の為のメッセージを頂きました!

《第10弾》

今回はChiiさんに聞きました!!


Chii《JAZZ》

プロフィール・レッスンスケジュールはこちら

Chii_subのコピー

 

自分の身体を知る事ですね。

私には、コンプレックスが沢山あります。
もちろん、好きなところもあります。

みんな一人一人違った体型、骨格、クセがあります。

それは、そのまま出しても”個性”とは呼びません。”違い” なだけ。

自分の硬いところも、柔らかいところも、関節の曲がる方向も、分かった上で動かさなければ、

自分の思い描いた動きと、お客さんから見た動きは近づきません。

せっかくある可動域すら狭めてる可能性だってあるんです。

身体からの情報をしっかりと受け取れるように、日々レッスンは重ねるんです。
だって、日々身体は本当に変化しますからね。

だから、続ける事も”コツ” のひとつなのは確かです。

情報をしっかりと受け取るには、沢山のアンテナを張る必要があります。

もちろん、アンテナの数や、方向、角度、タイミングは人それぞれ。

受け取り方もまた、人それぞれ。

見たり、聞いたり、触ったり、イメージしたり、試行錯誤しながら、

少しでもそのアンテナに触れた情報に興味を持ち、掘り下げ、実際に身体に落とし込んでみる。

この繰り返しの作業が身体を作ります。

つまり、これが基礎。

日々変化する身体からの情報に対して、どう感じ、どう対処するかが、大切。

そして、理想の踊りと言っても、その理想が乏しければ、比例して踊り自体も乏しくなりますよね。

だから、想像力豊かに、その”理想”を膨らませ、心豊かに表現する事、踊る事、見てもらう事を楽しむ。

これも、大事なことのひとつ。

背が低いなら高く見せる方法を、手足が短いなら長く見える方法を、偏った筋肉は均等でキレイにする方法を、

コンプレックスの多い私は、挙げたらキリがないほど、理想のダンスに近づける為には、やる事がいっぱいです。

もちろん、好きなところは大いに出すw

自分の好きも、嫌いも大切に、動きやすい身体を作り、踊る事を楽しめる時間を増やす。

踊る場所があって、先生がいて、鏡があって、共に切磋琢磨出来る仲間がいて、

沢山の刺激や想像力を掻き立たせてくれるライバルがいて、スタジオは情報の宝庫なんです。

沢山受ければいいってもんでもないけれど、1レッスン1レッスンをそんな風に受けていたら、、、

と、考えただけで上達しないわけがない。。。というか、変化した事すら気づけないなんてもったいないですからね。

最後に、血が騒いだ時の踊りは、忘れない事、
そして、やめない事。

これを読んで、レッスンする楽しみや、気づけた事がひとつでも増えてくれたら嬉しいです!


ダンスワークスは「上手くなる」を応援するスタジオ。

ここからたくさんのダンサーが

それぞれの夢を叶えていってほしいと思っております!

 

スタッフ一同も全力でみなさんをサポートしていきますので

是非スタジオにお越し下さいね♪

 

体験レッスンはこちら

入会キャンペーン実施中!

詳しくはこちら

FACEBOOKVIEW MORE

TWITTERFOLLOW ME