twitter facebook facebook_02 facebook_03 instagram line line02 youtube mail mail_02 Arrow right Arrow right_02 Arrow left Arrow down Arrow up icon close(バッテン) Home other other_02 other_03 other_04 other_05 other_06 other_07 other_08 other_09 other_10 new! schedule schedule

INSTRUCTOR RON×II

TAP

LESSON SCHEDULEレッスンスケジュール

  • SHOW STYLE TAP DANCE

    2024/05/23 (Thu)
    12:00 - 13:30
    N studio
  • TAP初級

    2024/05/24 (Fri)
    20:00 - 21:30
    N studio
  • RHYTHM TAPテクニッククラス

    2024/05/26 (Sun)
    16:30 - 18:00
    N studio
  • SHOW STYLE TAP DANCE

    2024/05/30 (Thu)
    12:00 - 13:30
    N studio
  • TAP初級

    2024/05/31 (Fri)
    20:00 - 21:30
    N studio
  • RHYTHM TAPテクニッククラス

    2024/06/02 (Sun)
    16:30 - 18:00
    N studio
  • SHOW STYLE TAP DANCE

    2024/06/06 (Thu)
    12:00 - 13:30
    N studio

REGULAR LESSONレギュラーレッスン

  • SHOW STYLE TAP DANCE

    ショースタイルクラスでは、TAPの基礎を全てやっています。ステップ、型などをみっちりやりたい方にオススメクラスです。

    オープンクラスではより応用をしていきTAPの醍醐味であるインプロビゼーションのためのリズムトレーニングをしていきます。

    ある程度経験ある方には間違いなくハマるクラスです。

    オーディションにTAPがある、舞台でTAPを踊ることになった。稽古中や本番中レッスンする時間帯が被って行けないといった方々の要望にお応えします。

    もちろん朝だと都合がつくという方もぜひこの機会にお越しください。

    ミュージカルや演劇舞台で必要とされる技術と表現を中心にレッスンします。

    スケジュールが立てやすい時間帯のレッスン、ぜひご活用ください。

  • TAP初級

    TAPの中でも、リズム、シアター、ミュージカルなどとジャンル分けされている時代ですが、

    どのスタイルも覚えなければいけない基礎のステップは全て一緒です。

     

    根本の基礎ステップに癖をつけて覚えてしまい、

    ある時から成長が止まりやめてしまう方を数多に見てきました。

     

    音を奏でながら踊る楽しさをいつまでも続けられるよう、

    時には鍛錬レッスンなどもありますが着実に踏んでいけるよう指導していきます。

     

    わからない時は積極的に話しかけてくださいね。

  • RHYTHM TAP テクニッククラス

    TAPを踏んでいく上で後に必ず必要になる技を集中して習得していくレッスンです。

     

    通常のレッスンでは十分な時間が取れずに体得が難しく、

    壁にぶつかりTAPに熱が入らなくなり通わなくなる元凶をなくすために特化したレッスンです。

    悪い癖を覚えてしまって踊っている方の型をただしてもいきます。

     

    レッスンでは各受講者のレベルにも多少は合わせていきますが、

    技の課題に段階があり飛び級などはおすすめできませんので、

     

    基礎・初級クラス(土曜)のレベルをマスターしてからお越しくださるとより楽しく、激しい汗もかけます。

CANCEL休講・代講

休講、代講はありません。

DANCE SECRET上達の秘訣

自分の今生きている感覚で見ない、語らない、踊らないかな。

その感覚よりレベルの高いとこにある場所がレッスンであり、舞台であり、

その世界でやり続けているのがプロのダンサー達です。

個性を出そうとする前に、まずは自身の立場とレベルを知ることが大事。

上達への近道はまずそこを本人が理解するところからだと思います。