CONNECTED

 

 

 

国境、年代、性別やハンディを越えて

「音楽」と「こころ」

で繫がるダンスプロジェクト

 

 

“ CONNECTED ” 

 

 

この企画はUNOさんと、聴覚にハンディを持ちながらもダンサーやDJ等精力的に活動するDAICHIさんが発足したプロジェクトです。同じように感じ、同じように動けるのに、同じようにダンススタジオやイベン トに行くことには遠慮してしまう。だったら、みんなが集える場所を作ろう!!このレッスンは、先生が技術を 提供(give)する空間ではなく、音楽とダンスをみんなで分かち合う(share )空間です。そこにはダンス の上手い下手も、ハンディがある無しも関係ありません!!その人にしか出せないダンスを解放し、シェアし、認め合う。お互いに出会うことがないと思っていた人たち。だけど実は「音楽」に、そして「ダンス」に出会ったときから我々は繋がって(CONNECTED)いたのです。

 

スクリーンショット 2017-10-18 17.33.35


UNO:

抜群のスキルとイマジネーションで見る者を魅了し続け、アーティストの振付やファッションモデル等、多岐に活躍するソウルフルなFemale dancer。(https://danceworks.jp/instructor/profile/uno_14/

 

 


今までの活動

WORKSHOPのレッスン風景動画:

 

 

スペシャルインタビュー:CONNECTEDを3年間続けてきて… 

 

 
メディアサイトにも取り上げられました!

国境、時代、性別やハンディも越えて「音楽」と「こころ」で繋がるダンスプロジェクト


 

《WSの内容》

 

DANCEWORKS会員/ビジター:無料

ダンスのジャンルはフリースタイルです。最初にストレッチをした後に、リズムトレーニングや簡単なステップを組み合わせてつなげていき、最後にみんなで踊ります。ダンスが初めての方、子供から大人、女性男性問わず、誰もがWELCOMEな内容となっております。レッスン中はホワイトボードを使い大事なところは文字を書いたり、手話のサポートメンバーやダンスアシスタントも入って進めていくので安心してご参加ください。

 

 

 スクリーンショット 2017-10-18 17.34.02

 

 

 

 


 

 

 

活動支援の

募金協力のお願い

 

2016年4月に発足し、WSには毎回たくさんの方にご参加頂いただいております。当初はどれだけの人が興味を持ってくれるか検討もつかず、実験的なスタートでした。2016年12月に開催されたODORIGOKORO vol.10には、CONNECTEDナンバーも参加いたしました。たくさんの方に支持を頂き、プロジェクトをさらに盛り上げて行きたいと思っております。現在はUNOさんとDANCE WORKSのバックアップのもと、無料でワークショップを開催させて頂いております。今後もこの方針で進んでいく予定ですが、以下を視野に入れて、毎回のWSで募金箱の設置をさせて頂きます。

 

 

支援金の使用目的

 

◆外部のダンサーを呼ぶ場合

◆CONNECTEDワークショップを地方で開催する場合このプロジェクトは営利目的で行っている活動ではないので、ご無理のない範囲で皆さまのご協力を賜れたら幸いです。これからも、皆さまに気持ちよく参加頂けるプロジェクトでありたいので、何かお気づきのことがございましたら、ご指摘いただけると幸いです。

 

 


 

 

《STAFF》

 

スクリーンショット 2017-10-18 17.41.41

 

スクリーンショット 2017-10-18 18.32.33 

 

 

 

 

今後のWSの予定はこちらから^^

 

 

 

FACEBOOKVIEW MORE

TWITTERFOLLOW ME