FAQよくある質問


Q1.

ダンスへの効果は?

A.

ダンスにはアウターマッスルだけでなく、インナーマッスルもとても大事。
アウターマッスルを補助しながら、姿勢を細かく調整するなどの役割を担っています。
強くしなやかな筋肉を作り、身体全体をコントロールするすることができます。
ダンスでのダイナミックな動きを支えているのは繊細な動作です。
インナーマッスルを鍛えることはダンスおいて土台作りとなります。

Q2.

どの位の頻度で受けるのが理想?

A.

ピラティスの創始者であるジョセフ・ピラティス氏は「10回やると気分が良くなり、
20回やると身体が変わり、30回やると身体も心も全てが変わる」と言っていました。

ピラティスはダンスと新しく身に付けるのと同じように、やった分だけ身体に効果として現れます。
やった分だけ効果が出ますので、ダンスレッスンの1回分を置き換えるようなイメージで、
是非週1~2回から始めてみてください。

ダンスレッスンを減らすのは気が引けるかもしれませんが、ピラティスでは体幹が鍛えられて、身体が伸び、
コントロールも良くなった状態を作っていくのでダンスが踊りやすくなりますよ!

また、ダンスレッスンのウォームアップとして行うのにも適しています。
マシンピラティスは、最初のうちは集中的に週1回以上、身体のコントロールに慣れてきたら週1回~隔週。
最終的にはマットのグループと併せながら月1回のメンテナンスとしてご利用ください。
ピラティスは最初に集中して受けていくことで確実に身体を変えていけるので、
例えば…

①最初はマシンとマットの両方を週に1回ずつ1か月やってみる
②2か月目に慣れてきたらマシンを週に1回。マットを2週間に1回。
③ダンスや普段の生活でもピラティスを思い出せたらマシンを2週間に1回

といった感じで受けてみてください^^
(インストラクター Ryo

Q3.

効果はどの位で感じることが出来るのか?

A.

続けていくことでより効果を感じます。
最初は効果を感じたり、身体に意識を向けたりすることが難しく感じるかもしれませんが、
マットなら最低5回、マシンなら最低3回はチャレンジをしてみてください。

マシンを使うことで身体の引き上げ・関節をなめらかに大きく使うことなどを身に付けた後に、
マットのグループで同じように身体をコントロールできるかを確認し、
ダンスのレッスンでも活かされているか確認する。そんなサイクルが効果的です。
(インストラクター Ryo

Q4.

怪我をしてても受けてもいいのか?

A.

まず、怪我をしたらお医者さんに行って、運動をしても大丈夫か聞きましょう。
それで許可が出れば大丈夫です。

元はリハビリから始まったのがピラティスです。上手く使えないところがあっても、
やり方を工夫することでレッスンすることができます。

また、痛めているところ以外をまんべんなく使っていくことで、身体の偏りをなくしていくことができますので、
「怪我があるけれど、身体がなまるのは嫌だな。動いて整えたいな」という方はお気軽にご相談くださいね。
(インストラクター Ryo

Q5.

身体が硬くても大丈夫?

A.

もちろん大丈夫ですよ!
むしろ身体が硬い人にこそピラティスをやっていただきたいです!
ピラティスでは「筋肉を使いながらも、伸ばしていく」使い方を沢山おこなっていきます。
ですので、筋肉をストレッチさせる効果もあります。
ですので、ダンスレッスンのウォームアップとして行うのにもちょうど良いです!

ピラティスを初めてやるほとんどの人が「身体が硬くてもできますか?」を質問されます。
全く問題ないので、是非一緒にやりましょう!
(インストラクター Ryo

Ryo先生のInstagramの記事でも丁寧にご説明してくださっています。記事はこちら

Q6.

レッスン前後での効果の違い

A.

人によって感覚は違いますが、立つ事が簡単になります!
立つ事が簡単だったら、踊る事も簡単になります。
片脚でも立ちやすくなり、素早く動ける体幹の強さを感じる事が出来ます。

床を掴み、安定した体になります。
これは、体の弱いところを鍛えて、強いところを使わせないというピラティスの動きの特徴で、
体のバランスが良くなる事で得られる結果です。

踊りの上達の為に、ダンスのレッスンを続けるよりも、
体のレベルを上げるトレーニングも取り入れるほうが、近道になります。
(インストラクター Natalie

Q7.

レッスン内容は?

A.

・マットピラティス初級
自分の体だけを使って動いていくので、自分の重さにぴったりの腹筋、背筋、手足の筋力が付いていきます。
動きは簡単で誰でもすぐに出来るのですが、動かし方に特徴があり、意識しながら何度も繰り返す事で習得していきます。

・マシンピラティス入門
ピラティスの初心者でも受けられるクラスです。
マシン特有の脚や股関節のトレーニングから始まり、腹筋、背筋、背骨の動きを深めていきます。
なるべく分かりやすく、そして楽しく動いていきたいと思います!

・マシンピラティス初級
マシンに慣れてきたら、どんどんやる事が増えていきます。
入門同様、脚の使い方から始まり、股関節、腹筋、サイドと全身を使っていきますが、
もっとバリエーションを増やしながら、色んな角度から体の使い方を習得していきます。
軸を強く作り上げることの出来るクラスです。
(インストラクター Natalie