news ニュース

Lasta メンバーオーディション ※4/2開催!!

 

Lastaオーディション

 

 

Lasta メンバーオーディション
<カンパニー Fifth season>

 

櫛田祥光より:

Lastaはこの5月で5年目にはいります。たかが5年、されど5年、、、年間を通してメンバーと共に休むことなく作品や踊りに向き合いながら進んできました。継続することや継続する環境をつくること、簡単なことではありません。だからこそ5年目に入るLastaを僕は誇りに思っています。だから メンバーにはLastaに所属していることに誇りを持って踊りや作品に向き合ってほしいと心から思っています。とともに願っています。 その中でcompanyならではの流れといいますか、行事といいますか、メンバーの退団!避ける事のできない年に一度訪れる寂しい時期。すごく悲しい事ですが、辞めていくメンバーも含め全てのメンバーの土台の上にLastaが成り立っています。辞めていったメンバーの思いを伝えながら作品も受け継がれていきます。
だからこそ 作品は財産だと思っています!
5年目、、、Lastaはこれからです

 

 

◆Lastaとは

 

2013年5月に立ち上げたContemporary Dance Company。
国内のみならず、海外での公演も視野に入れて活動している集団。個々の持ち味を取り入れながらも、作品性を重視した創作を展開している。2015年 初の海外公演を実現。「全ての作品はレパートリーとなる。メンバーが新たなメンバーへと伝え、受け継ぎ、上演され続けていくものである。作品はカンパニーの財産だと考えています。櫛田祥光」

 

http://dancecompany-lasta.com/about/

 

 

 

◆オーディション日時

2017年4月2日(日)20:30-22:30
DANCE WORKS 宇田川Aスタジオにて

 

◆参加資格
ダンス経験2年以上、高校生以上の男女
2017年5月~2018年4月までの間、DANCE WORKS Company Class会員となり Company Classに参加し、月謝10290円のお支払いが可能な方。

 

◆Fifth season 公演予定
2017年11/11,12 The HALL YOKOHAMAにて
3回公演予定
その他小作品の創作

 

◆応募方法
4月1日(土)までに 件名「メンバーオーディション希望」とし、お名前、ご連絡先、年齢、性別、芸歴をご記入の上、 こちらからご応募ください。

dancecompanylasta@gmail.com

数日のうちに詳細をお送りします。

※オーディション期日に都合のつかない方はその旨を上記アドレスにご連絡ください。

 

  

 

◆メンバーの声① : 石神ちあき CHIAKI ISHIGAMI

 

石神ちあきlasta

 

「私はミストレスという立場で、ダンサー以外の役割も担っています。

LastaはDANCE WORKSのバックアップで活動しているため、毎週決まった日時に、設備が整ったスタジオでリハーサルを進めることができます。自分のサイクルを作りやすい、踊ることに集中できる環境です。

再演が多いのもカンパニーならではです。
前回以上のところへ、という興味さえあれば、誰がどうであろうと、何度も自分と向き合えます。その過程が自分自身をさらなる高みへ押し上げてくれます。

Lasta作品の面白いところは、それぞれ役柄は決まっていますが、演じるのはその時の「自分自身」で良いことです。
コンテンポラリーでは中心にあるものが「自分」なのかもしれないと、Lasta旗揚げから数作品の創作の中で学びました。
主宰がよく口にする言葉は、良ければいい、です。解釈は様々かと思います。
私はLastaでは、自分を自分足らしめているものに恥じない踊りをする、興味が尽きるまでとにかく向かってみる、です。

人の手を借りてではありますが、自分の思い描くダンスを見つけやすい環境にあるようにも思います。

5年目という数字は短いようで長く、カンパニーとして安定して公演を行えています。
今年の公演もすでに決まっていて、現在少しずつですが動き出しています。」

 

 

 

 

◆メンバーの声② : 山口真由 MAYU YAMAGUCHI

 

山口真由Lasta

 

「これまで私はJAZZを中心にいろいろなジャンルを踊ってきていました。

そんな私がLastaに入ろうと思ったきっかけは、リハーサルを見学させて頂いたときに作品やメンバーの踊り、その独特な雰囲気に新しい刺激を受けそのときの自分に足りてないものがたくさん見えました。
そして、ただただ「学びたい!」と思い入団させてもらいました。

カンパニーに所属することは初めてでしたし、とても人見知りなので、メンバーの皆さんと打ち解けるまで時間がかかりました(笑)

Lastaは、メンバーそれぞれの意識が高く、さまざまな場で活躍されている方が多いので良い刺激をたくさんもらいました。

櫛田さんはストイックでとても厳しい方なので自分のダメな部分とストレートに向き合うことが出来き、そのお陰で今の私がいるのは確かだと思います。

また、コンクールなどでも数々の賞をいただき、海外の公演に奨励されて踊れたことは私にとってとても貴重な経験の一つになりました。

私は約3年ほど在籍していましたが、今期で卒業させて頂きます。

リハ中は楽しい時間よりも、辛い時間の方が長かったかもしれません。
でも共に頑張ってきた仲間が支えてくれたり、妥協できない環境だったからこそ頑張ることができ、得たものは多いと思います。

そして櫛田さんの作品に向き合うことで、自分の世界がまたひとつ広がりました。

Lastaの魅力と聞かれて一言では言い表せないのですが、周りのダンサーの方たちがなかなか経験できないことを集中的に学ばさせて頂けたと思っています。

作品と仲間と共に、踊りを何度も何度も追求して自分を磨いていけたことが、私にとっては一番大きな魅力でした。

是非、向上心の強い方にオーディションに来て頂けたらと思います。

ありがとうございました。」

 

INSTAGRAMVIEW MORE

FACEBOOKVIEW MORE

TWITTERFOLLOW ME